保護:イルカ追い込み漁—内部からの理解

A captive dolphin sourced from Taiji drive hunts, leaps in its tiny enclosure. A captive dolphin sourced from Taiji drive hunts, leaps in its tiny enclosure. Credit: Mineto Meguro

太地町のイルカ追い込み漁で捕まったイルカの囚人が、小さな囲いの中に飛び込んだ。
フォトクレジット:目黒峰人

活動家との短いインタビュー目黒峰人

質問:

最初に、動物の問題に取り組むことに専念するようになったきっかけは何ですか?

回答: Earthlingsを観てヴィーガンになりました。それから1年後散歩している時に、「私のこの後の人生を、動物たちのために生きるのっだろうか?」と考えている時に、空から鳥の羽が落ちて来て、手のひらの上に乗った。

あなたの経験では、イルカ追い込み漁の問題に取り組む上での最大の課題は何ですか?(太地町

回答: 1. 名誉欲、金銭欲をモチベーションとした活動家たちがいること。彼らにとって動物は自己実現のための道具だ。 2. 活動家や支援者たちが、太地町や猟師をdemonaizeして世論をコントロールしようという、単純な行動をとっていること。 3. 長期的な視点と戦略を持たず、場当たり的な活動に終始すること。

目黒峰人

イルカ追い込み漁に関して簡単で迅速な解決策はないことを理解し、今後5〜10年間でどのような変化を観察できると期待できますか。

回答:  期待される変化は、活動家と支援者の成長によって大きく変わる。我々は10年後の成果を目標とした事業行っている。成功すれば、イルカ猟を大幅に縮小させることができると予想している。

捕鯨やイルカ追い込み漁の問題に取り組んでいる日本人を外国人が支援するための最も有用な方法は何ですか?

回答:  外国人の活動家は、日本人自身に解決させる力をつけさせるために、知識と経験を共有してほしい。金銭的な支援はできるだけしないほうがよい。もし支援する場合は、事業を行う前に事業内容を説明させるべき。事業後は会計報告を出させる。

日本中のイルカとクジラの問題に関する有用な変化を見るために何が必要ですか?

回答:  外国の団体や活動家は、日本を理解する必要がある。思ったような成果が出ていないなら、原因を分析し、活動を修正する必要がある。間違った情報で活動すれば、間違った結果がでる。

目黒峰人: 動物解放活動家/アニマリスト/ヴィーガン

MME/政治団体 アニマリズム党代表/NPO法人 動物解放団体リブ代表 https://m-m-e.biz

Website: https://animal-liberator.net/animal-liberator/tag/目黒峰人

Facebook: https://www.facebook.com/animal.liberator/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

gdpr-image
This site uses cookies to give you the best service possible. If you continue browsing, you agree to the use of cookies.
More Information